勉強・高校卒業する意義

皆様こんにちは。

マイン高等学院の知念です。

皆さんは勉強する意義・意味について考えたこと、思ったことはありますか?おそらく考えた事がある方が大多数かと思います、ただそれぞれ答えは違うかもしれません。私も漠然とした答えはあったのですが、ある家庭に会ってその考え方が固まりました。そのご家庭のお話を書きたいと思います。

 

私は当時、通信制高校技能連携施設と受験専門(中学受験・高校受験・大学受験)の家庭教師の仕事を行っていました。

 

家庭教師の話になりますが、、、

 

その家庭は中学3年の4月か5月くらいに相談があり、会った次の週から授業を始めました。高校受験をしたい!との事でした。普通は「○○高校に合格したい!」という要望が多いのですが、、、。「まずは受験したい」という相談だったと記憶しています。

 

最初に相談があった際に、この子は疲れやすいので10分ぐらいで鉛筆を握れなくなるかもしれない。その際は理解いただきたいと保護者から話しがありました。

・・・細かい話は割愛します・・・

 

それから数日たったある日に、子供はALS(筋萎縮性側索硬化症)と言われました。薄々勘づいていたのですが、言われた時はやはりびっくりしました。ただ、保護者も本人も前向きです。そんな中本人があることを言いました。

 

「身体が動かなくなったとしても、考える事ができる。考える事ができれば意思がもてるし、勉強しておけば、将来の可能性が広がる。出来たら普通の高校に行って、大学にも行きたい。」と。

 

この「考える事ができる」という言葉が心に響きました。もしかしたら彼が言ったから余計にうなずけたのかもしれません。

 

人は、意思を持つこと、知識を持つこと、知恵を持つことが大切だと思います。その為には努力すること・経験することが大切です。勉強することで養われる方、スポーツや芸術を通して養われる方もいると思います。それも勉強の一つです。

 

私たちの未来は素晴らしいものになるかもしれません。ただ困難が待ち受けているかもしれません。その時に自分を守るのは、考える力・今の状況を好転させることのできる発想かもしれません。なにも教科書を読むだけが勉強ではありませんので、10代、20代の多感な方にはいろいろな事を経験していただきたいですね。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
知念 賢治

知念 賢治

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる