7/8 (金)

不登校の子どもに親としてできること

不登校の子どもに親としてできること

子どもが不登校になったら、親としては困惑しますよね。

子どもが学校に行きたくない理由は、学校の先生との間に問題があったり友達関係やイジメなど色々あります。

そんなくだらないことで」などと叱ったりしていませんか?子どもの話を毎日、聞いてあげていますか?子どもはいくつになっても、手がかからなくなっても子どもです。

たまにはしっかり抱きしめてあげてください。「あなたのことは何があっても私が守るから」と安心させてあげましょう。

もし、子どもが不登校になっても責めてはいけません。子どもは学校に行かないことに、家族を悲しませていることに罪悪感を持っています。

親も発想の転換が必要です。子どもは家にばかり閉じこもっていると、ストレスが溜まります。時間を作って小旅行に出掛けてみてください。心が開放されます。気持ちがリフレッシュすることは大切です。

子どもにとって必要ならカウンセリングを受けさせましょう。どうしたいのか本人の希望をしっかり聞いてあげてください。不登校のときこそ、子どもとの絆をより深めるチャンスです。子どもの未来が変わることを信じて見守ってあげてください。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
鹿野耕平

鹿野耕平

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる