5/27 (金)

自分を好きになるということ

自分を好きになるということ

人間はある程度、自分を好きでいることが必要です。

しかし、大きな挫折などを経験すると、「こんな自分が嫌だ」「自分はダメな人間だ」と自分のことが嫌いになってしまうことがあります。

人が成長する上では、ある程度の反省は有効です。「これがいけなかった」などの経験から、人は学習し、前進できます。

しかし、反省が自分自身への否定に広がると、人は前進どころか、自信を喪失し、本来できるはずの事柄ですら行うことを躊躇するようになります。

そのような時は、その子が再び自分を好きになれるよう援助していくことが必要と思われます。

「○○した方がいいよ」などのアドバイスが有効なこともありますが、自信のない、今の脆弱な状態でも貴方のことが好きだよ、と寄り添うようなメッセージを伝えていくこと―その子が今の自分を受け入れられている―という安心感を持てることが大切だと思います。

人は安心できると、新たな一歩を踏み出せる時がきます。

その踏み出せた時に、「よくできたね」とまた自信に繋がるメッセージを伝えていきましょう。

時間がかかる作業ですが、それを繰り返すことで、また、自分を好きになる力や自信を取り戻していけるでしょう。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
支援センター

支援センター

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる