4/27 (水)

3歩進んで2歩下がる

3歩進んで2歩下がる

不登校のお子様と接していると、日によって体調や気持ちに大きな波があるのを実感します。

少しずつ会話が増えてきて、表情も明るくなって徐々に状態が良くなっているなと感じていても、次に会ったときにはほとんど話してくれないということもよくあります。

そのようなとき、私は「今日はどうしたの?」など質問攻めをすることなく、何も言わずにただ見守ることにしています。

毎日お子様と接するご家族にとっては、何か変化があれば不安に思ってつい口を挟みたくなるのも当然だと思います。

しかし、これといった変化もなく、全体として快方に向かっている場合でも必ず波はあるものです。

まさに、「3歩進んで2歩下がる」です。ぐっとこらえて時にはただ見守ることも必要なことかもしれません。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
原口毅

原口毅

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる