11/26 (木)

協同で就労支援に取り組む

協同で就労支援に取り組む

私たち沖縄県労働者福祉基金協会は、すべての人の働きたい気持ちが大切にされる社会、働くことによる自己実現、一人ひとりが大切にされる、ぬくもりのある社会、人と人とが繋がり支えあう社会を目指して、日々取り組んでいます。

 

その取り組みとして「公労使」一体となったワンストップサービスで沖縄県の雇用拡大と雇用の質を目指す、グッジョブセンターおきなわの運営を始め、子育て中のお父さんやお母さんの支援を行う子育て支援事業、就職や生活への不安や課題を抱えている方への支援を行う就職・生活支援パーソナル・サポート・センター、自立へ向けた一歩を踏み出す支援を行う就労サポートセンターを運営しています。

長い間就職できずにお困りの方、若年者や中高年齢者、子育て中の方、生活に不安を抱える方などのサポート役として、個々のニーズに対応した様々な支援を行っておりますが、昨年度より当協会の就労サポートセンターではマイン高等学院の生徒が高校卒業後に就労支援が出来るよう様々な分野での取組みを一緒に行っております。

 

第1弾として生徒たちと、後継者不足である農業の楽しさと厳しさを体験してもらいたく、糸満市の大渡地区一面に広がる畑で月に1回、一緒に汗をかいて、美味しい農作物を作っております。

 

始めた頃は慣れない農作業に最初は生徒たちも戸惑っていましたが、そこは若さと気合でカバーし、11月の農業体験でもう1年になり、慣れた手付きで作業を行えるようになりました。

 

IMG_0222

 

他にも後継者育成支援事業で寿司職人体験も行い、今後は自分のやりたいお仕事をみつける授業などを行う予定です。たくさんのイベントを通して、不登校・ひきこもりで悩んでいた生徒の支援に協同で取り組んで参ります。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
平良 有輝

平良 有輝

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる