9/25 (金)

忙しいお父さんに今できること

忙しいお父さんに今できること

仕事が忙しくて、子どもに関われないと嘆くお父さんが増えています。

そんなお父さんに、今できることは何でしょうか。

 

それは何より、子どもに安心を与えてやることです。

子どもは不安なとき、誰かに安心を求めます。

母親には当然求めていますが、父親にも求めているのです。

 

父親がどんなに遅くなっても一声かけてやる、何かあったときに一声褒めてやる、寄り添ってきたときにそっとあぐらの上に座らせてやる、これが子どもに安心を与えます。

 

これは中学1年の男の子の作文です。

僕の父は仕事が忙しくて、毎晩遅く帰ってくる。

けれど父はどんなに遅く帰っても、僕の部屋に来て、「ただいま、今帰ったぞ。」と言ってくれる。

眠っているけど、僕は父の声を知っている。

だから朝学校へ行くとき、父が疲れて眠っていても寂しくない。

「行ってきます。」と元気よく学校に行く。

僕の声も聞こえているはずだから。

眠っていても、父は自分を見つめてくれている。

心に留めていてくれている。

これが、子どもに安心を与えているのです。

食事の時の父親の一声も、子どもの心を和らげます。

 

ある高校生が、食事の時の親への注文に、「父よ、何か言ってくれ。母よ、何も言わないで

くれ。」とありました。

 

「みんなで食べる今日のご飯はおいしいな。」の一言が、子どもの心に安らぎを与えます。

 

子どもは物や金で育つものではありません。心の満足で育っていくものです。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
支援センター

支援センター

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる