8/19 (土)

通信制高校ってどんなところ?

通信制高校ってどんなところ?

通信制高校ってどんなところ?

通信制高校に通う事になった人には、様々な理由があると思います。
ですが、皆さんまず最初に思う事は「一体どんな所なんだろう?」という事だと思います。
通信制高校とはどんなところなのか?という事をご紹介していこうと思います。

・通信制高校に通う人達
まず一緒に学ぶ仲間達ですが、これは大きく分けて3通りの人達がいます。

1つめは、何らかの事情により働きながら高校に通う必要のある人です。

2つめは、何等かの事情で普通高校に通えなくなった人です。
校則違反や非行などで、退学になってしまった人。
または人間関係や学業の行き詰まりから普通高校に通えなくなってしまった人、などです。

3つめは、既に社会人として働いていて成人しているけれど、改めて高校に進学しようとしている人です。

・どうやって勉強するの?
勉強方法は基本的に、郵送によるプリントの提出です。
それとは別に、学校にもよるとは思いますが登校日というものがあります。

もちろんプリントは自宅で行うので、教科書を見ながらやるという事もできてしまいます。
難易度もそう難しくありません。

体育祭や文化祭を行っている学校もあります。

・通信制高校に通うという事
プリントをきちんと提出する事、登校日や実習日にきちんと行く事。
これを全て行っても、普通高校に毎日通う事に比べて膨大な時間の余裕ができます。

通信制高校でしっかり課題をこなして行く事、それは普通高校に通う子供より、自分自身や人生について
考える時間が多く得られるという事です。
その事をメリットと考え、いざ高校を卒業した後どうやって人生を歩んでいくか、前向きに検討していく事。
それが本人にも、支える家族にも大事な事と言えるでしょう。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
高階 和浩

高階 和浩

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる