5/22 (月)

不登校の原因を言わないことにも理由がある

不登校の原因を言わないことにも理由がある

なぜ、学校に行かなくなってしまったの?

なぜ、ひきこもってばかりいるの?

なぜ、何も言ってくれないの?

 

不登校・ひきこもりの我が子をみれば、親としてそう思うことは無理のないことなのかもしれません。しかし、子供たちにはしっかりとその理由があるのです。では、何故打ち明けてくれないのか?と不安になることもあるでしょう。そのことにも、語らないだけで彼らは答えを持っています。

 

落胆されるかもしれない、言ってもわかってくれるはずない、恥ずかしい、情けない…。色んな感情が混ざり合い、言葉にできないこともあります。そういうときは、無理に聞き出そうとしてはいけません。両親の「なぜ?」が重圧となっているかもしれないことに気が付くことが大切です。

 

まずは、自分が味方であることを伝えましょう。そのうえで、真意を語ってくれるのをゆっくりと待ちながら、自分の気持ちを見つめ直してみましょう。

本当に今すぐ登校しなければならないのか、学校に行くことは我が子にとってどんな意味があるのか、ということを親の立場ではなく、子供の目線で考えてみるのです。

「学校には行かなくてはならない」という先入観や固定概念で縛ってしまえば、その子にとって不登校=悪いことと認識されてしまいます。心を許せないような環境にならないように、とにかく、安心できる居場所を作ることを第一にしなければなりません。

問題の解決は、もう少し心が元気になってからでも遅くはないのです。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
高階 和浩

高階 和浩

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる