2/15 (水)

学校へ行けるようになるだけが解決策ではない

学校へ行けるようになるだけが解決策ではない

子供が不登校になって学校へ行かなくなれば親としては心配になってしまいますよね。
「出来るだけ早く学校へ復学してほしい」そう思うはずです。
確かに子供の将来を考えるなら皆と同じように学校へ通わせることは正しいやり方です。
それに復学が遅れれば遅れるほど戻るのは困難になってきますからね。

けれど、中にはどうしても集団生活に慣れることのない子供もいますし、
いじめが原因で不登校になったケースでも同様なのですが、
どちらのケースでも「学校へ行く」事を解決するのを先決してしまい問題の解決を軽く考えられてしまいがちです。

極度の「人見知り」でも「いじめ」でも学校に行けなくなる理由があるから不登校になっているのに
「行かなければ」という目的だけを子供本人に押し付けて解決に向けているように見えて
実はしていないという状態になりやすいです。

問題がある以上、すぐに復学することなんて無理なんです。
このときまずやらなければいけないのは学校へ行く事ではなくその時すべきことをする事です。
例えば鬱状態になっているのならそれの治療が先決ですし、すぐに学校に行けないのなら
せめて勉強が遅れないように自宅学習をしたり、自堕落な生活にならないようにきちんと
1日のスケジュールを組むことです。
「学校へ行く」事に拘りすぎずに現状をちゃんと見て何をすべきかを考えてあげて欲しいです。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
櫛田 良賢

櫛田 良賢

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる