回復するためのポイント-わが子が突然不登校に

回復するためのポイント-わが子が突然不登校に

子どもが布団をかぶって寝ているだけのときは、親は本当に心配ですよね。

「いったいどうなってしまったんだろう?」と思いますよね。

 

声を掛けたほうがいいのだろうか、そっとしておいたほうがいいのだろうか、理由を聞いたほうがいいのだろうかと、あれこれ考えます。

 

心がエンストしているときは、ただ寝ているだけのように見えますが、本人はいろいろと考えています。

「学校に行かないといけないのに」

「なんで自分だけ行けないんだろう」

「もうすぐ試験なのに」

「自分はだめな奴だ」

「親は怒ってるんだろうな」

「こんな自分を誰も許してくれない」

「もうダメだ」

・・・・いろいろな考えが頭の中をグルグルグルグルまわっています。

 

エネルギーはほとんど空っぽですが、それに反して、頭の中は、考え過ぎるぐらいいろいろ考えて、パンパンになっていて、とても重くなっています。

 

こういうときに、必要なことは何か?

当たり前のようですが、エネルギーをためるためにゆっくり休養することです。

 

そして、重くなった頭の中を、少しでも軽くすることです。

 

軽くするために今すぐにできることは、ゆっくり休んでいいと保障をすることです。

それだけで、頭の中がかなり軽くなります。

 

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
高階 和浩

高階 和浩

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる