11/9 (水)

心がエンストしているのかも―わが子が突然不登校に

心がエンストしているのかも―わが子が突然不登校に

今まで、これといった問題がなく、毎日学校に行っていた我が子が、急に学校に行かなくなったとき、親は本当に悩みますよね。

勉強も頑張っていたし、特に気になることもなかったのに・・・。

 

そして、熱があるわけでもないのに、ずっと布団をかぶったままで起きてこない。

 

こんなときは、心のエネルギーがなくなっているエンスト状態になっているのかもしれません。

ガソリンがなくなったら、車が動かなくなるように、人もエネルギーがなくなると、動けなくなります。

  • どうしてエンストしたの?

エネルギーがなくなってしまうことは、特別なことではなく、誰にでもおきます。

 

いつも真面目な頑張り屋さんのお子さんは、少しずつ疲れがたまっていったのかもしれません。

感受性が豊かなお子さんは、周りの言葉や空気など、いろいろなことに気を使っていたのかもしれません。

 

もしかしたら、何か落ち込むようなことが重なったのかもしれません。

中学校に入学して慣れない環境で頑張っていたときに、たまたま雨の日が続いて、心身ともに疲れてしまったのかもしれません。

 

また、学校に行けなくなった理由は、これだというものがないこともあり、本人もよくわからないことも多いです。

 

エネルギーがなくなってしまったら、動けなくなるのは当然のことですよね。

 

それだけ、本当に頑張ってきたということなのです。

このライターの最近の記事
このライターのよく読まれている記事
この記事を書いた人 この記事を書いた人
高階 和浩

高階 和浩

カテゴリ

人気ライター 一覧

  • 青少年こころの悩み支援センターツイッター
  • 青少年こころの悩み支援センターGoogle+
  • 青少年こころの悩み支援センターはてなブックマーク

ページトップへ

メニューを閉じる